エラ削りの整形で理想の顔型に

エラ削り手術の概要

エラ削りの特徴 : エラ張りの悩みから永久的に解放されます : エラ削り手術の概要

エラ削りというとただ出っ張ったエラを削れば良いと考えるかもしれませんが、目や鼻や口などの顔全体のバランスを考えて削ることで美しいラインになります。
ちょっとした差が見た目を大きく左右しますので熟練の技が必要であり、技術力のある医師に行ってもらえればリスクはかなり軽減できます。
手術の概要ですが、時間的にはおおよそ2時間ほどかかります。
2時間となると長く感じるかもしれませんが、骨や筋肉を慎重に少しずつ削っていかなければなりませんので、スピーディーには行えません。
全身麻酔での手術となるため、平均すると3日間ほど入院となり、術後は2〜4週間ほど強い腫れがあります。
麻酔を使っていますので術中の痛みはありませんが、術後は腫れている間は痛みがあると考えておいた方が良さそうです。
ですから、長ければ4週間ほどは痛みの気になる状態になります。
エラ削りに限らず、アゴや頬の骨を削る場合であっても、顔の骨を削る時には術後の腫れは大きくなりますし、痛みも強く出ます。
完全に腫れが引くまでに半年程度かかることもありますので、日常生活への支障は誰でもあります。
3か月程度は食事をしたり話したりするだけでも痛みを感じますが、この時期を乗り越えてしまえば半永久的に理想的なフェイスラインが手に入りますので、他の方法で満足のいく結果が得られなかったらエラ削りの手術を検討してみると良いかもしれません。