エラ削りの整形で理想の顔型に

エラ削りの特徴

エラが張っていると髪型でカバーしようと考えますので、好きな髪型を自由に楽しむことができなくなります。
髪の毛をアップにすることもできませんし、耳にかけたりすると目立ってしまいますので、いつもエラを隠すような髪型になってしまいます。
張ったエラを何とかしたい時には整形が便利ですが、整形の施術にもボトックス注射やエラ削りがあって目的に合ったものを選ぶ必要があります。
それぞれの特徴を見てみると、ボトックス注射はエラが張る原因になっている咬筋に直接ボトックスを注入することで筋弛緩作用によって小顔を実現することができます。
注射だけでエラを改善できるプチ整形ですので気軽に受けられることで評判ですが、効果は長くても半年ほどで無くなってしまいますので、受け続けるのが大変です。
1回あたりの費用はエラ削り手術と比べるとかなり手頃ですが、ずっと受け続けることを考えると安くはありません。
通う手間もかかりますし、受けるべきタイミングで受けられないとエラがまた目立ってきてしまうという問題もあります。
エラ削り手術の場合、削り取られるのはエラの骨と余分な筋肉です。
筋肉が付き過ぎていると、いくら骨を削ってもエラの張りは解消されませんので、余分な筋肉も一緒に削り取ることがとても重要です。

数年前にエラ削りの美容整形を受けました

私の学生時代からの悩みは、エラが張っているということでした。中学生の時にクラスメイトの男子から、エラが張ってホームベースみたいだとからかわれ、笑いものにされたことを今でも忘れることができません。他の男子や女子も一緒になって笑っていて、私は自分の顔が他の人と比べて四角いということを実感させられたのです。
それからは人前で顔を出すことが苦痛で、いつも髪を長く伸ばして少しでも顔が隠れるようにしていました。それは高校生になっても続き、自分の四角い顔のせいで恋愛にも積極的になることができませんでした。いつまでもこのままでは暗い人生を送ることになると怖くなってしまった私は、大学生の時に勇気を出してエラ削りの整形を受けることを決意したのです。
エラ削りという整形に不安がなかったわけではありませんが、私が受けた施術方法は、口の中からメスを入れるため傷が目立たないというものでした。施術後は数週間腫れが治まらず、もしかしたら一生このままかもしれないと心配でしたが、1ヶ月を過ぎる頃には腫れが消え、鏡に映った自分の姿を見た時の感動を忘れることができません。施術から数年が経った今は痛みや後遺症のようなものは全くなく、自分に自信を持つことができるようになりました。

エラ削りの特徴 : エラ張りの悩みから永久的に解放されます : エラ削り手術の概要